お客様の課題解決に
取り組み、
自分が必要とされる
充実感を感じながら
働くことができます。

求める人材像 Request

私たちは常にお客様の立場に立って物事を考え、パートナーとしてお困りごとを解決することを生業に事業を発展させてきました。 宮坂産業の営業がお客様にお売りするものは、どこかで誰かが造った製品ではなく、その人自身が生み出す提案(ソリューション)です。 あなたにも産業廃棄物の問題解決のコーディネーターという立場で、当社の“顔”としての業務を担当してほしいと思います。 このような仕事においてまず必要なことは、相手の話をじっくりと傾聴する姿勢。すべての提案は相手のお悩みを聞くことからはじまるからです。 また、お客様に貢献したいという強いマインドがなければ提案は務まりません。そしてもう一つは誠実な対応力です。 嘘偽りなく、丁寧にお客様に対応ができる人だけが信頼を築き上げることができるのです。 そんな素養を備えた方を私たちは求めており、入社時に産業廃棄物の専門知識を備えているかどうかは問いません。

宮坂産業で働く
メリット
Merit

当社の営業(コーディネーター)はお客様の現場のさまざまな状況を想定し、 産業廃棄物の処理がスムーズに進むように、的確な段取りを組み上げなければなりません。 そのためには多様な価値観を持つ関係者とうまくコミュニケーションを取らなければなりませんし、 当然ながら産業廃棄物に関する法律の知識も必要です。 一般的な製品売りの営業職に比べると考えなければならない範囲、 必要とされる知識が非常に広く、はじめて経験する方は難しいと思われることもあるかもしれません。 しかし、そのような環境だからこそ、経験を積み重ねる度にあなた自身が成長を遂げることができ、 仕事以外でも有益な「自立した問題解決力」を身につけられるというメリットがあります。 もしあなたが単にお給料をかせぐためだけでなく、自分の人材価値を高めていくために働きたいと考えるのであれば、 大きな成長の可能性が見込める宮坂産業への就職を考えてみてはいかがでしょうか。

社員の声 Interview

社員の写真
個々の専門性をかけ合わせて 難問を解いていきましょう。

前 俊孝

宮坂産業の営業がお客様にご提供するのは、形ある製品ではなく、無形の問題解決方法です。 例えば、いま産業廃棄物処理の業界は、中国がプラスチックごみの輸入禁止に踏み切ったことで処理工場が圧倒的に不足する事態に陥っていますが、 そのようなお客様の直面する課題を一緒に考え、答えを導き出していくのが私たちの役割。 どこの処理工場に持っていっても受けられないと言われる飽和状況でも、 お客様の工場から出る産業廃棄物をより細かく選別して焼却処理が必要なものの割合を減らし、 なんとか受け入れ先を見つけていくというコーディネートなども行っています。 また近年は産業廃棄物を出さないゼロ・エミッションを意識されている企業が多いため、 どうすればコストを抑えつつ排出量を減らせるのかをご提案することも多いです。 こうやって、お客様と密に相談しながら問題を解決し、喜んでいただけることが私の何よりの働きがいですね。 あとはキレイになった現場を見届けるのも気持ちいいものですよ。 受け持った現場を最後にほうき片手に見回っていくと一つの案件が終わったという充実感を味わえます。 また、宮坂産業はそれぞれの営業が担当しているお客様の業種などが大きく異なるため、それぞれに得意分野があり、 自分の知識が及ばないことがあればその分野の専門家に聞いて解決することができます。 私自身は化学物質系の処理について知識を持っているため、研究所などの処理を手がける人から尋ねられることも多いです。 ですからもしあなたがいま、産業廃棄物についての専門知識を持っていないことに不安を感じていても大丈夫。 共に学び、教え合いながら、お客様に喜ばれる仕事をしていきましょう。

社員の写真
他社にできないなら、宮坂がする。 その覚悟が、自分も成長させる。

家 久幸

宮坂産業では、前例のない課題解決を求められることが多くあります。 例えば、私が最近お引き受けしたのは、吸引除去すべき薬液が、タンクの中でガチガチに固まってしまって処理ができないという案件でした。 この薬液は劇物だったため処理方法が難しく、お客様は頭を抱えておられました。 当社にもこんな案件を手がけた実績はありません。しかし、ここで怯まないのが宮坂産業です。 私はこのご相談に対して、作業時のさまざまな懸案事項をお客様と一つひとつ洗い出し、解決できる方法を模索。 防護服を来た作業者が重機を使って固まった薬液を掻き出す方法をご提案し、安全に処理をすることに成功しました。 作業が終了し、お客様に喜んでいただけたときはホッとしましたね。 このように宮坂産業ではチャレンジングな提案が多いので試行錯誤することが多く、その分苦労はしますが、 他社にはできない課題解決に貢献できるおもしろさがあります。そして、難易度の高い案件を手がけるためには、 とにかく準備が肝心です。私たちは時間をかけてヒアリングを行い、現場の正確な状況や何を優先するべきかを確認し、 間違いのない作業プランを立てていきます。中でも安全面の確保には細心の注意を払いますね。 産廃処理は、一つのミスが大きな事故やケガにつながるリスクをはらんでいるので、複数の処理プランを準備しておくなど、 状況に合わせて適切な手が打てるように段取りします。 この丁寧なヒアリングに基づいた精度の高い提案こそが宮坂の武器であり、多くのお客様からの「ありがとう」につながっていると思います。 今後宮坂へ入社される方にも、困難な状況を恐れることなく、チャレンジしていく気概を持って仕事に臨んでほしいと思います。