従業員が安心して働ける
環境を築き、
質の高い仕事を
行えるよう管理を徹底。

産業廃棄物の運搬・管理は危険を伴う業務のため、 従業員一人ひとりの安全をしっかりと確保するための体制構築と教育に重点的に取り組んでいます。 また安全性の確保は、お客様からお預かりした産業廃棄物を確実に運ぶという業務のクオリティにも直結するため、 従業員の自発性に任せきるのではなく、安全・法管理を行いながら日々向上を目指して取り組んでいます。

安全運転の管理システムを導入

安全運転の管理システムを導入

当社保有の全車両にデジタルタコグラフ(運行記録計)とドライブレコーダーを導入し、車両の運行状況を管理しています。 個々のドライバーの意識を変えて危険運転を抑制し、無事故での業務遂行に結びつけると共に、 運搬時のCO2排出量の削減、および依頼を受けた産業廃棄物の 発着を後から確認できるトレーサビリティ確保も達成しています。

研修・報告会により
ノウハウを共有

研修・報告会によりノウハウを共有

産業廃棄物を安全・適切に扱うためには、各自が取り扱いの知識をしっかりと身に付け、 そこに潜むリスクを理解しておくことが重要です。当社では社内勉強会を定期的に行い、 一人ひとりの安全行動の理解向上を促しています。 また月に1回の業務ミーティングでは各現場での改善事例を全体で共有し、 個人の経験を全社の資産に結びつけることを目指しています。

労働環境を整える5S3定活動

労働環境を整える5S3定活動

整理・整頓されていない現場はヒューマンエラーのきっかけが溢れており、従業員の安全を確保するうえでは、 整った労働環境を保つことが特に重要と考えています。 そのため5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)および3定(定位置・定品・定量)を全社的に徹底して指導し、 常に整った環境の維持に努め、業務上のミスや事故が起きる可能性を低減するよう努めています。

運輸安全マネジメントの
取り組み

2018.11.1 作成 宮坂産業株式会社 業務部

1. 輸送の安全に関する
基本理念及び基本方針
  1. 「ツクルを支える創造産業」わが社は環境事業を通してお客様から『ありがとう』を頂戴する新しい価値を創造します。これが当社の経営理念であり、これを実現するために日々の輸送の安全は不可欠です。経営者、経営幹部が、日々の輸送の安全の確保に主導的な役割を果たし、全従業員が一丸となって、輸送の安全の確保を目指します。
  2. 当社は、安全運転及び経済走行により、車輛燃料の使用量の削減に努めます。
  3. 環境業務において安全作業の徹底により、事故防止を図ります。
  4. 輸送の安全に関する情報は、積極的に社内外に公表します。
2. 輸送の安全に関する
目標及び達成状況

(1)2019年度目標

  • ①交通事故(保険事故対象)  0件の継続
  • ②飛散・漏洩事故  0件の継続
  • ③引取り時の物損事故  前年度100%削減
  • ④自動車事故報告規則第2条に規定する事故  0件の継続
  • 2018年度実績
  • ①交通事故(保険事故対象)  0件
  • ②飛散・漏洩事故  0件
  • ③引取り時の物損事故  3件
  • ④自動車事故報告規則第2条に規定する事故  0件

(2)事故防止のための機器導入  ドライブレコーダーの導入(新機種導入)2016年8月

3. 輸送の安全に関する
計画
  • ① 無事故・無違反チャレンジコンテストの実施
  • ② ヒヤリハット報告の実施
  • ③ 安全講習セミナーの参加
  • ④ 個人別に安全管理グラフ作成
4. 運輸安全マネジメントの取り組みの公表
  • ① HP掲載
  • ② 社内掲示