HOME > 安全管理

安全管理

「学び」「考え」「行動する」組織が

お客様から「安心評価」を受けて生き残る時代

皆さまから信頼される企業であるため、宮坂産業は日々の業務の中で様々な取り組みを行い、「学び」「考え」「行動する」組織を実践しています。

デジタルタコグラフ、およびドライビングレコーダーの導入

全車両にデジタルタコグラフとドライビングレコーダーを導入し、安全のための運行管理を行っております。

導入の理由

産業廃棄物を運搬するという既成概念からリサイクル製品を運ぶという意識変換が今後必要とされる中、更なるお客様への信頼とサービスを継続する事を目標に導入致しました。

導入後の管理・開示項目

●プロドライバーとしての意識向上(交通事故抑制)
●エコ運転に拠る燃費の軽減(CO2排出抑制)
●運行履歴開示に拠るリサイクル品(産業廃棄物)の発着確認。

地域貢献と5S3定活動

日頃お世話になっている地域の皆さまへの感謝をこめて、5S3定活動として年2回の清掃活動を行っています。

5S

…整理・整頓・清掃・清潔・躾

3定

…定位置・定品・定量

研修、定例的な報告会による知識の向上および共有

産業廃棄物を安全・適切に扱うために、社内勉強会を定期的に行っています。工場見学会やお客様に向けての講習会なども行い、日々知識およびスキルの向上に努めています。
また、定例的に報告会を設け、常に情報と目的意識を共有できる仕組みを取り入れ、お客様からの信頼を得る組織たるよう努力しています。

従業員の取り組み

毎月宮坂産業ではデジタルタコグラフのデータに基づき安全運転ランキングを発表しています。 ドライバーは毎日安全を意識しながら業務に取り組んでいます。
また、エコ検定の取得やボランティア活動への参加など、従業員ひとりひとりも様々な取り組みを行っています。
事業所単位でも活動理念を掲げるなど、日々の努力がお客様との信頼関係の構築に繋がっています。
                         第41期運転ランキング

運輸安全マネジメントの取り組み

2014.11.1 作成

宮坂産業株式会社
業務部

1. 輸送の安全に関する基本理念及び基本方針

  1. 「ツクルを支える創造産業」わが社は環境事業を通してお客様から『ありがとう』を頂戴する新しい価値を創造します。これが当社の経営理念であり、これを実現するために日々の輸送の安全は不可欠です。 経営者、経営幹部が、日々の輸送の安全の確保に主導的な役割を果たし、全従業員が一丸となって、輸送の安全の確保を目指します。
  2. 当社は、日々の輸送の安全を確保するために、輸送の安全に関するマネジメント体制(計画の策定―実行―評価―改善)を整備し、実行します。
  3. 輸送の安全に関する情報は、積極的に社内外に公表します。

 

2. 輸送の安全に関する目標及び達成状況

(1) 2015年度目標

   ①交通事故(保険事故対象)  前年度100%削減

   ②飛散・漏洩事故       前年度100%削減

   ③自動車事故報告規則第2条に規定する事故   0件の継続

    2014年度実績

   ①交通事故(保険事故対象)  0件

   ②飛散・漏洩事故       0件

   ③自動車事故報告規則第2条に規定する事故   0件

(2) 事故防止のための機器導入    ドライブレコーダーの導入

 

3.  輸送の安全に関する計画

   ①無事故・無違反チャレンジコンテストの実施

   ②ヒヤリハット報告の実施

   ③安全講習セミナー(社内講習会)の実施

   ④個人別に年間無事故表彰の導入

 

4. 運輸安全マネジメントの取り組みの公表

   ①HPへの掲載

   ②社内掲示